環境保全に関する取り組み|ISO22000で食品の安全を証明|基準の指標となる国際規格
男性 男性
  1. ホーム
  2. 環境保全に関する取り組み

環境保全に関する取り組み

環境問題というのは、企業においても無視できない問題です。近年では、企業における環境問題への取り組みというのが重要視されるようになり、環境保全に貢献していない企業というのは社会的信頼の低い企業と見なされるようになりました。企業が環境保全に貢献していることを社会的に認知してもらいたいと考えるのであれば、ISO14001の取得が最適です。ISO14001というのは、企業内の活動によって発生する周辺地域環境への影響を明確化し、それを解決するためのシステムを作ることを目的とした国際規格(基準)です。

ISO14001の仕組みというのは、環境方針の設定を始め、リスクアセスメント(環境調査・重要度評価・管理方法の決定)、運用管理(手順運用)、見直しといった流れを通して地域に対する環境影響を出さないシステムを作ります。ISO14001における環境方針の設定では、企業側が環境に対する取り組みを示し、リスクアセスメントで企業活動において現在・将来的に発生する環境影響の洗い出しを行ないます。また、現在・将来に発生する環境影響を洗い出した後には、企業の取り組みが環境に関する法律に適合しているかどうかを調べます。そういった環境調査により、企業活動による環境影響によってどのような環境事故が起こる可能性があるのか、どのくらいの頻度で起こるのか、仮に環境事故が発生した時にはどれほどの影響があるのか、その重要度を評価することができるようになるのです。そして、重要度の評価に適したリスクマネジメトを取り決めます。取り決めたリスクマネジメントの運用を行なう時には、目標管理・日常管理を徹底し、見直すべき点がないかを確認するのです。